1. 事例トップ
  2. 利用シーン
  3. 企画書

企画書

課題

企画書は、企画の施策やメリットなどを具体化し、説明の際に誰でも納得できるレベルまで落とし込むドキュメントとして欠かせませんが、企画書の作成には以下のような多くの工数がかかります。

  1. 作業ボリュームが多く、作成に時間がかかる
  2. 担当者によって記載する内容が違く、一貫性が無くなってしまう。
  3. 確認や承認など企画書の共有もひと手間かかる

こうした工数を削減しながら、相手に分かりやすく、かつ簡潔に要点を抑え、まとめ上げていくことが、企画書を作成する上で非常に大切になります。

施策

企画書の作成に時間をかけずに効率よく作成する施策として、DocBaseの機能を活用いただけます。

  • 3つの編集モードで誰もが簡単に企画書作成
  • あらゆる企画書フォーマットへの対応と全文検索
  • 企画書を簡単共有

3つの編集モードで誰もが簡単に企画書作成

DocBaseでは誰でも簡単に企画書の作成ができるように3つの編集モードが備わっています。
その為、営業、バックオフィス、ITエンジニア、デザイナーなど職種に捉われずに一貫性のある企画書の作成が可能になります。

マークダウンモード

マークダウンというシンプルな記法で文章構造を明示できるため、読みやすく管理しやすいドキュメントを素早く作成できます。

リッチテキストモード

テーブル編集や画像編集、文字の装飾など、直感的な操作でビジュアル的に分かりやすいドキュメントを作成できます。Office系ソフトに慣れているビジネスパーソンにとって使いやすいモードです。

ハイブリッドモード

マークダウンとリッチテキストを同時に使えます。
マークダウンで素早く編集しながら、リッチテキスト側でテーブル編集や画像編集を簡単に行うことができます。

またDocBaseにはテンプレート機能があり、企画書のテンプレートを作成できます。

似たような形式の企画書を作成する場合には、このテンプレート機能を活用して、企画書をテンプレート化。再利用することで作業を効率化できます。編集にあたっては、複数名の編集が可能なので、コメント機能で意見を出し合いながら企画書をブラッシュアップすることもできます。

あらゆる企画書フォーマットへの対応と全文検索

DocBaseは、パワーポイント(.pptx)やWord(.docx)、PDF(.pdf)、キーノート(.key)などあらゆるファイルフォーマットの企画書を添付できます。

また、メモのタイトルや本文などファイル内の「全文検索」に対応しているので、一度作成した企画書や記事、内容を瞬時に探すことができます。その他、添付ファイルやタグ、コメントなども検索対象に該当します。検索機能があるため、「あのときの企画書どこだろう」といった悩みもなくなります。

共有機能で企画書を簡単共有

DocBaseには共有機能があり、DocBaseのメンバーではない人にもメモを共有できます。この共有機能は、DocBaseで作成した企画書の共有で活躍します。

メールにファイルサイズの大きい企画書を添付する必要はありません。パートナー企業のメンバーやお客さまへ企画書を共有するようなケースでも、DocBaseのURLを送るだけで企画書の共有が完了します。

DocBaseで作成したメモはブラウザ経由で閲覧ができますので、ワークスタイルを限定せず、デスクトップやタブレット・スマートフォンなど多様なデバイスで企画書の閲覧が可能です。

詳細⇨⚙ メモを外部に共有する – DocBase

  • DocBaseの無料トライアルを始める
  • DocBaseの資料をダウンロード